ダイソーの100円アロマ、生活の木精油と比較

 

コスパの良いアロマを探せ!

この前の記事でAmazonで6個1000円の精油を購入して、アロマストーンに垂らして使うには匂いが足りませんでした。

入門編としてはいいのかもしれませんが・・。

やはり値段なりなのかな~と思っていた自分ですが、ダイソーをうろうろしているときに見つけてしまいました。

 

100円アロマ

 

「いや、安モノは後悔したじゃないか・・。」と思いましたが、ついうっかり買ってしまいました。「リラックス」のアロマです。

 

 

結論から言えば意外にいい!

 

開けてみるとオレンジのいい香りです。と同時に『割と香りが強いなぁ~』と驚きました。

 

試しにアロマストーンに数滴たらして使用してみます。

 

『アロマがなかなか出てこない』

  

もうあんまりにも出てこないんで、コツコツストーンに当ててアロマを出しました。

 

『やっぱ使いづらいなー』と思いながら寝たのですが・・。

香りは割と強く感じ、気分良く寝られました。

 

他商品との比較

 

生活の木の精油            香り★★★★★

NAGOMI(amazonで数百円) 精油  香り★★

ダイソー アロマ           香り★★★★

 

うん、なかなかいいじゃん!しかし裏面を見てみると・・・。

 

よく見てみると『精油』ではない

 

『ん?エタノール?』『あれ精油じゃない』『アロマオイル?』

アロマ初心者なので精油とアロマの違いがよくわかりません・・。

 

仕方なくwikiで調べてみると、

 

精油・・  またはエッセンシャルオイル英語:essential oil)は、植物が産出する揮発性の[1]、それぞれ特有の芳香を持ち、水蒸気蒸留法、熱水蒸留法(直接蒸留法)などによって植物から留出することができる[2]

 

アロマ・・アロマオイル(英語:Aroma oil)は、植物に由来する天然香料・精油(エッセンシャルオイル)や合成香料を、プロピレングリコールアルコール、植物油(キャリアオイル)や鉱物油などで希釈した製品を指すことが多い。

 

なるほど、つまり精油はアロマオイルの素材になるものなんですね。

そして調べてみると用途も違うらしく、香りを嗅ぐ分にはどちらでもいいのですが、肌につけたりお風呂に入れるものは『精油』が安心みたいです。

 

つまり、アロマストーンには精油じゃなくてもいい

 

ということがわかりました。これから用途に合わせて、アロマと精油を使い分けていきたいです。

 

そのうち作りたいなぁ・・。

 

コメントを残す