イブプロフェンのない、アセトアミフェン配合の市販頭痛薬・鎮痛剤のおすすめは?【新型コロナ対策】

医療

 

※コロナ関連は間違った情報も多く、ガセ情報の可能性も大いにあります。

 

スポンサーリンク

フランスの厚生大臣がコロナにかかったときに飲んではいけない薬を発表

 

ヤフーニュースになって話題になりました。 

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表(今井佐緒里) - Yahoo!ニュース
フランスの厚生大臣が、コロナウイルスにかかっている人が服用しないほうが良い薬、熱がある場合に代わりに服用したほうが良い薬をツイッターで発信した。

  

要約すると

 

「新型コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。熱がある場合は、パラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用してください」

   

ということらしい。イブプロフェンは、インフルエンザ時にも インフルエンザ脳症の発症が高まるリスクがあるとされており、症状の重篤化の可能性があるそうです。

 

症状別!鎮痛剤の違いと選び方|【ココカラクラブ】ドラッグストアのココカラファイン
「痛み」は体が教えてくれる注意信号です。体で起こっている炎症の場所や、無理な負担がかかっている場合の危険を教えてくれています。健康でストレスのない生活を送るためにも、「痛み」が発生したら生活を見直すべきです。この記事では、症状に応じた鎮痛剤の違いと選び方をご説明します。

 

また、ココカラファインのHPを見てみると、薬剤師さんが

 

•喘息症状がある人はアスピリン、イブプロフェンの入っていない鎮痛剤を選ぶようにし、なるべくアセトアミノフェンを使用している鎮痛剤を使うようにする

  

とのことが書かれています。まぁヤフーニュースが嘘か本当かはおいておいて、喘息系の病気にはアセトアミフェンのがベターみたいですね。

 

イブプロフェンの配合されていない頭痛薬・鎮痛剤・風邪薬

  

イブプロフェンの配合されていない 風邪薬

まずは風邪薬。イブプロフェンを含まず、アセトアミノフェンを含む風邪薬は以下のようです。

  

 

イブプロフェンの配合されていない 頭痛薬

  

街中でよく見る以下の市販薬にはイブプロフェンが含まれているそうですね・・。結構あるなぁ・・。

 

 

そんな中で以下の頭痛薬・鎮痛剤はイブプロフェンではなく、アセトアミフェン主体の薬のようです。

 

 

現在頭痛薬でベストセラーになっていました。

 

 

エキセドリン。大容量だけど安い!

 

こちらは7歳から飲むことができる鎮痛剤。一番安いです。

 

最後に一言 大量購入は控えよう!

  

このようなご時世です。数日後までに一気にパニック買い等起こる可能性があります。

 

焦らず、いま必要な分だけ購入することで必要とする人に行き渡ります。

 

みんなで協力し合って、この危機を乗り越えていきましょう。

 

ミッツ
ミッツ

転売とか、マジで絶対だめだよ!

 

タイトルとURLをコピーしました