スポンサーリンク

【損する可能性はある】SBIネオモバイル証券のIPOって儲かるのか?デメリットを検証

投資

  

年末IPOでちょっとしたボーナスが出たミッツです。

 

 

さて、SBIネオモバイル証券って知っていますか?一株単位で株の売買ができるとかいう今話題の証券会社です。そんなネオモバイル証券が・・。

  

スポンサーリンク

一株IPOサービスを開始したらしい

 

 

私の記事を見てもわかるように、IPOは本当に当たりませんし、ある程度まとまった資金が必要です。

 

 

最近ひとかぶIPOサービスを開始したそうですが、本来であれば100株単位で当選するため、少数の人にしか当選しなかったIPOが、1株ずつであれば100倍の人数に配当されるという画期的なサービスです。

 

そんな記事を見たものですから、IPO好きのミッツとしては飛びつかざるを得ません。

即座に口座開設してしまいました。

 

結論からいうと

 

注意すべき点はあるが、2019年12月現在は勝つ可能性の高い投資方法といえると思います。

  

しかし本当に当選するのかな?

  

つい先日上場した『Buysell Tecnology』が初めてのひとかぶIPOのスタートだったようです。

 

Twitterで検索してみると・・・。確かに当選している人がたくさんいます。

 

 

『Buysell Tecnology』 は一株1930円、つまり本来の100株単位での申し込みであれば19万3000円最低でも必要だったのに対して、2000円あれば当選の可能性が出てくるわけです。

 

実際に「8株申し込んで1株当選」という方もいますから、資金の少ない方にとってはいいサービスなのかもしれません。

 

落とし穴1つ目 手数料の存在

 

こりゃあいいシステムだ!ネオモバイル証券にはクレジットカードの登録が必要なので、早速登録・・・。と思ったのですが・・・。

 

ひとつ気になることがありました。

 

ん?手数料?

 

また、SBIネオモバイル証券のご利用にあたっては、株式取引の取引手数料は無料ですが、
お取引の有無に係わらず、サービス利用料(月額)がかかります。
サービス利用料(月額)は月間の株式取引約定代金により計算し、
0円〜50万円以下:220円、50万円超〜300万円以下:1,100円、
300万超〜500万以下:3,300円、500万円超〜1000万以下:5,500円。
以後、100万円ごとに1,100円が加算されます。

 

なるほど・・・。つまりIPO当選がなくても220円月にかかるわけか・・・。年間2400円。これペイできるのか?

 

落とし穴2つ目 毎月のポイント還元

  

サイトには「200円分のTポイントがもらえるから、実質手数料無料だよ!」とありました。

 

・・・が、騙されてはいけない。

 

このポイントはネオモバのみで使用可能なTポイントということに注意しなくてはならない。しかも翌月までに使用しない場合は失効してしまうとのこと。

  

う~ん、使いづらいな。 ネオモバで取引しまくる人にはいいんだろうが・・。

 

落とし穴3つ目  上場初値売りが不可能

  

IPO投資で一番安定して高値で売れるのは上場初日の初めて値段が付いた瞬間と言われています。

 

実際 『Buysell Tecnology』 の上場初日の初値は 3,720 。終値は 3,020。2日目の初値は2,959でした。つまりもし初日初値で売れていた場合は、+800の利益があったということです。ちょっと悔しいですよね。


 

勿論翌日値段を上げることもあるのですが、ガクッと値下がりする株も結構あるんです。

 

 

ひとかぶIPOの縛りとして、この上場初日の売買が不可能という大きな縛りがあります。これは結構やっかいですね・・。

 

追記(2019.12.21) しかし検証したら意外な結果に・・。

 

 

この記事を見てもらえばわかると思いますが、意外と上場初日の初値が最高値とは限らないのです。

 

年間2400円をIPO投資でペイできるのか検証

 

さて、では実際に儲かるのかを検証していきます。

 

まずは確率の計算ですが、ここはざっくりしています。上場初日の12/18にTwitterで検索をかけました。

 

「ネオモバ ipo 落選」でTwitter検索をかけると16件ヒット。

「ネオモバ ipo 当選」で検索をかけると26件ヒット。

 

「おっ当選が多いやん!」と思いましたが当選ならまだしも、落選でツイートする人は少ないかと・・・

 

ですが期待も込めて、42÷26=0.619 つまり当選確率62%とします。(絶対にこんなにないと思うけど)

 

そして、肝心の当選株数ですがTwitterで確認する限り、1~3株程度のようです。(画像付きは2株の未確認。)

 

利益計算

 

今回でいうと、1930円で購入。翌日初値で約3000円で売却。

 

1070円の利益。それに株の利益は20%の税金が必要ですから、1070*0.8=

 

1株あたり800円程度の利益ということになります。

 

手数料と比較すると、手数料4か月分になります。

  

2019年のIPO数

 

数多くのIPOを見てきていますが、実際1株当たり800円程度 の上昇はよくあります。 実際2019年のIPOの一社、一株当たりの平均利益は1500円程になっています。(上記の検証記事をご覧ください)

 

2919年は70のIPO申し込みがありました。

 

その中で3~4株当選すれば元は取れるといえるでしょう。

 

手数料の200円も、ある月にIPOが当選すればTポイント200p分でIPO株の購入ができるので、その月の手数料は実質0円になります。

  

 

おそらく今後申し込みは増えてくる

 

長期的な当選確率はいまだ不明ですが、勝てる可能性は十分ありそうです。(時間効率としてはどうか分かりませんが・・。)

 

隙間時間のお小遣い稼ぎにはいいかもしれませんね!

 

ただ、今後間違いなく、お金のない学生や主婦などの参入が予想されます。【早めに始めるなら】勝つ可能性の高い投資だといえると思います。

 

日本初!Tポイントを使って株が買えちゃう!|SBIネオモバイル証券~Tポイントで株取引・資産運用ができる|ネオモバ
日本初!Tポイントを使って株が買えるのはSBIグループのSBIネオモバイル証券だけ!1株から株を購入することが可能なため、持っているポイントだけで投資を始めることも可能。月額220円(税込)で、取引放題(1ヵ月の約定代金合計額が50万円まで)!しかも期間固定Tポイント200ptが毎月もらえる。SBIグループのスマホ証券...

 

SBIネオモバイル証券 

タイトルとURLをコピーしました