体育館・野外で大音量おすすめポータブルスピーカー4選【Tronsmart Element Force レビュー】

おすすめスピーカーモノ・ガジェット
スポンサーリンク

大音量のポータブルスピーカーが必要に!

 

 

ちょっと訳あってポータブルスピーカーが必要になりました。体育館や、キャンプ場などで使用できるくらいの!

 

しかし、私のこれまで持っているスピーカーは音量が貧弱・・。とても全体に音が聞こえません。

 

そこで、大音量ポータブルスピーカー探しが始まりました。条件は以下です。

 

① ある程度持ち運びしやすいこと(1kg程度)
② 出力25W以上
③ 遠くからスマホをつなげて操作できること
④ 予算1万円前後

 

では、私が厳選したおすすめ商品を紹介していきましょう。

 

とりあえず私のオススメの結論が見たい方はこちら!

 

大音量最新スピーカー比較表

  

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
JBL CHARGE413,66430W20時間5.5時間960g?
Anker Soundcore Motion+,9,99930W12時間4時間1050g
EarFun UBOOM5,99924W 16時間4時間585g
T6-PLUS5,94040W15時間3~5時間1040g20m
Tronsmart Bluetooth5.0 TS-T4568040W15時間(ただし実際には6~7時間という情報アリ)3時間750g30m
【番外】
Anker Soundcore Rave Mini
13000~1800080W18時間4時間3.5kg
【番外編2】Moukey MTs101600080W?4時間?4時間

大音量おすすめポータブルスピーカー4選

  

JBL CHARGE4 Bluetoothスピーカー

  

 

 

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
JBL CHARGE413,66430W20時間5.5時間960g?

 

有名どころのJBL。値段は少し高めですが、安心のブランド力とアマゾンレビューも高い。

  

音質の評価もよいです。音量・音質の確認動画は下のAnker Soundcore Motion+ と一緒に紹介します。

 

Anker Soundcore Motion+

 

 

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
Anker Soundcore Motion+9,99930W12時間4時間1050g

 

こちらは安くて質のいいアンカー製のスピーカー。値段は1万円ほど。

 

下記の動画は、 【 JBL CHARGE4 】vs【 Anker Soundcore Motion+ 】 の比較動画です。

 

動画で見ると、音量でいえば若干 Anker Soundcore Motion+ の方が大きいように聞こえます。

 

Bose, JBL & Sony… 💀 kill them all for 100$

  

うーん。駆動時間を取るか、音量と価格を取るか・・・。迷いどころですね。

 

番外編 Anker Soundcore Rave Mini

  

 

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
【番外】
Anker Soundcore Rave Mini
13000~1800080W18時間4時間3.5kg

安くて高品質で有名なアンカー。

 

こちら、値段と重さが完全にオーバー。でも80W。もっと大音量を求める人はこっちですね。

 

もっと高い値段出せばJBLとかもあるんですが、私のお財布の限界で切らせてもらいました。

 

動画見ると野外でも爆音ですね。

 

Anker Soundcore Rave vs JBL Partybox 100 – quick sound impression

 

Tronsmart T6-PLUS

  

 

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
Tronsmart T6-PLUS 5,94040W15時間3~5時間1080g20m

  

ここからは Tronsmart 製のスピーカー2連発。

 

値段は6000円を切りますが、出力はなんと40W

 

縦置きができてスタイリッシュですね。もちろん防水。

 

Tronsmart Element Force TS-T4

 

 

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
Tronsmart Bluetooth5.0 TS-T45,680 40W15時間(ただし実際には6~7時間という情報アリ)3時間750g30m

 

結果的に私はこちらのスピーカーを購入しました。上の物とよく似ていますが、スペック表で確認するとこちらの商品が上位互換のようですね。

 

しかし、値段はほぼ変わらず、なんと6000円。そして40W の大音量です。

 

2020現在コスパ最強スピーカーといって間違いないでしょう。

NUEVA bocina Tronsmart Element Force – 40 Watts – 15 hrs de bateria

 

レビューを確認して気になった点として駆動時間の問題がありました。

しかし、これは音量MAXで流した時の場合で、基本的にほかのスピーカーも音量を大きくすればするほど、消費電力が大きくなってしまう傾向があります。

 

どれくらいの距離でどのくらいの音量で聞こえるか、今度野外で使用してレビューしたいと思います。

ミッツ
ミッツ

実際に体育館で使用してみました。結論から言うと、「曲によってはよく聞こえる」という感じです。

やはり体育館・大人数では40Wは若干パワー不足は否めない感じでした。

【番外編2】Moukey MTs10

  

値段出力W数連続稼働時間充電重さ通信距離
【番外編2】Moukey MTs101600080W?4時間?4時間

 

こちらも重量値段がオーバーですが、大音量のものを。Amazonには520Wと、「おいおいマジかよ?」という表記がされていますが、レビューを見ると、80w程度だということでした。

この商品の良さは、マイク付きであること。講演会や説明会なのであれば、これのみで設備がそろってしまうので購入候補に入ってくるでしょう。

 

Youtubeにいい動画がなかったんですが、アマゾンの海外レビューのところにいいレビュー動画が乗っていましたので、音質・音量気になる方はチェックしてみてください。

 

私が動画をチェックしてみた限りなかなか音量はありそうでした。

 

体育館・野外オススメスピーカーまとめ

 

1万円以内で、持ち運びのしやすさ重視なら

その記事に戻る

 

タイトルとURLをコピーしました