うつ病でなにもできないときのおすすめの過ごし方

うつ病

はじめまして、のぴこです。

 

わたしについてはこちらの記事を読んでいただけると嬉しいです。

 

 

うつ病のとき、なにもできずに辛い・・・

一言にうつ病といっても調子がいい日も悪い日もありますよね。

  

調子が悪い中でも段階があります。

そんな中でも「下の上」くらいの気分の時にできたことをまとめていきます。

クレヨンしんちゃん鑑賞

 

 

amazon primeでしんちゃんのアニメや映画が見放題になっています。

 

調子が悪いときはバラエティ番組はうるさく感じ、映画は重く感じます。

 

でも、しんちゃんは内容が比較的軽めで平和なので、何も考えずに楽な気持ちで見ることができます。悩んでいたこともくだらなく感じるようになることもあります。

料理

 

料理をするお母さんのイラスト

 そんなに難しい料理を作るわけではありません。

 

ただ家にあった食材を切って焼くだけでも料理は料理だと思っています。

 

何も考えずに食材を切っている時間は心地よいです。また、食材を焼く瞬間の「ジュッ」という音も個人的には快感です。

 

その日一日何もできなかったとしても料理をしたと思えば、すごく健康的な引きこもりの気分になります。洗い物は調子がいい日に回しましょう。

散歩

 

「夕焼け時刻に散歩する男性のシルエット」の写真

 

 まず、調子が悪い中、外に出ただけでも天才だと思えるので、かなり自己肯定感が高まります

  

そんなに遠くに行くことはできないので、毎日同じような道を歩いています。

 

同じような道を何度も歩くのはたまに苦しく感じますが、そういう時は空の様子を見るようにしています。

 

空は毎日見ていると意外と面白いです。

雲の流れが速かったり、雲の位置が不思議なくらい低かったり。太陽の位置を見て「昨日より早く行動開始できたな」とうれしい気持ちになったりしてひとりで楽しみます。

 

お散歩について詳しくまとめた記事もあるのでぜひよんでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました